プロバイダー乗り換えの注意点とは

プロバイダー乗り換えの注意点とは


プロバイダー乗り換えの注意点とは

把握しておきたい、プロバイダー乗り換えに伴う変化

プロバイダーを乗り換えても、もちろんインターネットが使えなくなるということはありません。別のプロバイダー会社と契約してもそれまでと同様にインターネットに接続することは可能です。

ですが、何もかも同じままというわけではありません。いい意味でも悪い意味でも、プロバイダーを乗り換えることでなんらかの変化が起きるのは確実です。

料金が安くなるだとか、より良いオプションがついているといった良い変化もありますし、回線速度が変わってしまうこともあり得ます。

実際のところプロバイダーは使ってみなければ本当に良いか悪いかはわからないものなのですが、それでも事前にある程度ユーザーからの評判や口コミなどを調べることはできます。

気になるプロバイダーが見つかったら、まずは本当に使い勝手が良く今よりお得なプロバイダー業者かどうかをチェックすることからスタートしましょう。

プロバイダー乗り換えの注意点とは

プロバイダーを乗り換えてもインターネットは変わらず使えますが、ところどころに変化も出てきます。特に注意しておきたい変更点についてまとめました。

メールアドレスが変わる

プロバイダーのサービスとして提供されているメールアドレスを使用している場合、プロバイダーを乗り換えればメールアドレスも変わってしまうことには注意が必要です。

特に仕事関係など重要な連絡も行なうメールアドレスとして設定していた場合には、元々使用していたメールアドレスが無効になる前に各所へ連絡を入れておくことを忘れないようにしましょう。

プロバイダー乗り換え時にインターネットそのものが数日使えなくなってもあまり問題はないかもしれませんが、メールアドレスが使えなくなり連絡がつかなくなることは避けたいですよね。

インターネットの通信速度が変わる

同じ回線を使っているので基本的には通信速度は同じはずなのですが、それでもプロバイダーによってインターネットの通信速度は大幅に変わることがあります。

速くなるなら良いのですが、プロバイダー選びを間違うと遅くなってしまうこともあるので、乗り換え先のプロバイダーは慎重に探しましょう。

通信速度の差はプロバイダー業者の設備などの問題だそうなので、気になるなら大手プロバイダーを選ぶと安心です。

乗り換え時に解約違約金が発生するケースも

プロバイダー乗り換えのためこれまで使っていたプロバイダーを解約するとき、場合によっては解約違約金が発生することがあります。2年縛りで契約のプロバイダーが多いので、できれば契約更新時期に合わせてプロバイダーを乗り換えましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ