プロバイダー乗り換えのデメリット

プロバイダー乗り換えにもデメリットはある? メリットとのバランスを見極めよう


プロバイダー乗り換えのデメリット

プロバイダー乗り換えにもデメリットはある

数々のメリットがあることから、プロバイダー乗り換えは定期的にするべきだとよくいわれています。

利用料金の見直しやプロバイダー乗り換えキャンペーンの特典、通信速度の改善など、色々な面でメリットの多いプロバイダー乗り換え。

その一方で、デメリットと呼べる部分も確かに存在しています。メリットとデメリットのバランスを見て、自身のインターネット環境にとって今すぐプロバイダーを乗り換える方が良いのか、それとももう少し今の契約を継続しておくべきなのか見極めていく必要があるのです。

プロバイダー乗り換えに伴うデメリットとは

プロバイダー乗り換えに伴って発生するデメリットについて、主なものをまとめてみました。

プロバイダーを乗り換えるにあたって、メリット以上に優先されるかどうかチェックしてみてくださいね。

今より良いプロバイダーを探すという手間がかかる

プロバイダーを乗り換えるときには、今現在利用しているプロバイダー以上に各種条件が良いプロバイダー会社を選ばなければ意味がありません。

月額料金がお得になるだとか、有用なオプションが多いだとか、通信速度が確実に速くなるだとか、インターネットを使用する上での環境全体を整えられるプロバイダーか判断する必要があります。

契約中のプロバイダーをちょうどいいタイミングで解約する必要がある

新しく乗り換える先のプロバイダーとこれまで使ってきたプロバイダー、そのどちらとも契約していない時期があればその間はインターネットを利用することはできません。

その期間をつくらないためには、新規契約の申し込みとタイミングを合わせてこれまで使ってきたプロバイダーを解約する必要があります。

プロバイダーによって解約手続きの受付が月末か月初めかという違いがありますので、早めに確認しておきましょう。

新しいプロバイダーの利用がスタートしたらメールアドレスも変更される

プロバイダーから提供されていたメールアドレスを主に使っていた方は、プロバイダー乗り換えによってそのメールアドレスも変わってしまうことによるデメリットが他の方より多いかもしれません。

仕事先や友人関係など、あらゆる人に事前にメールアドレスの変更を伝えておくとスムーズです。

プロバイダー乗り換えをする上で、特に注意したいのはこれらのデメリットです。

デメリットとはいっても、どれもより良いプロバイダーと契約する上では避けて通れないことばかり。

プロバイダー乗り換えを選ばない理由にはなりませんが、料金やメールアドレスの変更等、事前に把握しておくべきところへ気を配ってプロバイダーを乗り換えましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ